保湿力高めるオールインワンゲルとは?正しい使い方も重要だった!

保湿力高めるオールインワンゲルとは?正しい使い方も重要だった驚きの事実を紹介しています。
MENU

スキンケアでオールインワンゲルを活用させると、スキンケアの時短になります。さらに、最近のオールインワンゲルは美白から年齢肌のケアまでが一つで出来てしまうので見逃せないですね。

オールインワンゲルを選ぶ時には「保湿」をテーマにして選ぶと失敗はありません。

ここでは、保湿力の高いオールインワンゲルの選び方についてまとめています。年齢肌の悩みや肌トラブルを起こしたくない方に必見です。

オールインワンゲルに必要なのは「保湿力」

肌の保湿を十分に行うだけで、肌トラブルや年齢肌の悩みは解消します。健康的な肌の角質層には大体20%~30%の水分が含まれているのですが、それ以下になると乾燥肌になり肌トラブルが出てくるのです。

オールインワンゲルに保湿力がなければ水分はすぐに蒸発して、肌の中はカラカラになります。

どんな保湿成分がオールインワンゲルには必要?

保湿成分にはさまざまありますが、保湿力のより高い成分が配合されているオールインワンゲルを選ぶ事で肌トラブルや肌の悩みは解消します。

一体どんな成分が保湿に有効的なのかをチェックしてみましょう。

セラミドの力

セラミドは、体内の水分を抱え込んだまま蒸発を防ぐ効果があります。セラミドは1、2、3と番号がついているのですが、後ろに番号がつくセラミドは本物のサインです。

セラミドの保湿力で肌をなめらかに保ちましょう。

天然保湿因子で肌を快適に

オールインワンゲルの中でも天然保湿因子を含むものは使い心地が良いです。天然保湿因子は、水分を吸収して結合する力があるので、保湿力を守ります。

使用感がとても良いので使いやすい事も特徴です。

ヒアルロン酸でガッチリ保湿を

ヒアルロン酸にはヒアルロン酸Naと、アセチルヒアルロン酸Naがあります。後者の方が二倍の保水力と保湿力を持つので、オールインワンゲルに含まれている場合は肌に有効的です。

油分は含まれていないので、他の保湿成分と共に肌を乾燥から守ります。

まとめ

オールインワンゲルで保湿力が強化されたものはあらゆる肌の悩みに対応出来ます。

成分などから自身の肌質に合った保湿力の高いオールインワンゲルを選びましょう。


このページの先頭へ